みずほ銀行でiDeCoに加入する3つのメリットと2つのデメリットをFPが解説

「iDeCoに加入する金融機関はどこが良いのだろうか?」

悩んでしまう方も多いと思います。

特にiDeCoは証券会社だけでなく、数多くの銀行が取り扱っているため、違いを調べるだけでも一苦労です。

実は銀行の中でもみずほ銀行はiDeCoに加入するメリットが特に多い銀行です。

今回はみずほ銀行でiDeCoに加入するメリットやデメリットだけでなくおすすめの商品などを紹介しています。

是非最後までご覧ください。

みずほ銀行はどんな銀行?

みずほ銀行は、三菱UFJ銀行や三井住友銀行などと同じく3大メガバンクのうちの1つです。

みずほ銀行が所属するみずほフィナンシャルグループは「one MIZUHO」という戦略を打ち出しており、銀行だけでなく、証券や信託など顧客の金融ニーズを全て叶えるという目的を持ち経営されています。

またメガバンクの中で唯一、全国の都道府県庁所在地と政令指定都市に最低ひとつずつ店舗があります。

iDeCoの仕組みついておさらい

みずほ銀行のiDeCoの特徴を確認する前に、そもそもiDeCoについてどのような仕組みでどんなメリットやデメリットがあるのか確認しましょう。

iDeCoの仕組み

iDeCoは個人型確定拠出年金の通称で、自分で掛け金を支払うだけでなく、自分で運用先を指定するという特徴があります。

他の年金制度や年金保険は、国から委託を受けた専門機関や、保険会社が運用を行うため、iDeCoはより投資の性格が強いと言えるでしょう。

iDeCoで支払った掛金は、自分で選んだ株式や投資信託などに投資し、運用して将来受け取る年金のために積立てていきます。

掛金は全額所得控除

iDeCoに加入することにより、所得税や住民税の負担を減らすことができます。

なぜなら、掛け金の全てが所得控除となるからです。

所得税や住民税の金額を計算するときは、その人の年間の収入に、決まった税率をかけて求めます。

ただし収入から特定の金額は計算から省かれて、残りに特定の税率が掛けられるという仕組みです。

そしてこの省かれた金額のことを「所得控除」といいます。

iDeCoの掛け金の上限は職業によって以下のように異なります。

・会社員or公務員:23,000円(但し勤め先に”企業型確定拠出年金”がある場合は12,000円)
・自営業orフリーランス:68,000円(但し国民年金基金と合算)

仮に15,000円を毎月かけていた場合は、15,000円×12ヶ月で180,000円の所得控除を受けることが可能です。

所得税を求めるときに用いる税率は、その人の所得(年収-所得控除)で変わりますが、仮に20%の税率とした場合、

180,000円×20%=36,000円

となり、この分所得税の額が減額されます。

住民税の場合は、税率が10%ですので、18,000円を節税することが可能です。

所得税と住民税で減額された分を合計すると、

54,000円(36,000円+18,000円)

となり、この分の税金の負担が減ることとなります。

そのためとても大きな節税効果を得ることができます。

運用で得た利益や将来の受け取りなどが非課税

iDeCoでの運用で得た利益には、税金がかかりません。

通常は、株や投資信託などで運用をして利益を得ると、利益から約20%の税金が引かれます。

さらに積み立てた年金を受け取るときも、受け取る方法によって受けられる控除が異なってきます。

・年金形式→公的年金控除
・一時金受取→退職所得控除

このように、iDeCoはとても税金を優遇してくれる制度といえます。

iDeCoの注意点

iDeCoはメリットも多い反面、注意すべき点も存在します。

1つ目が、「iDeCoで拠出した掛け金は60歳まで引き出すことができない」点です。

このため、掛けている途中でも、積み立てたお金は一切引き出すことができないため注意しましょう。

2つ目は、運用先を自分で指定するため、場合によっては元本割れを起こす危険性があるという点です。

3つ目は、運用には各種の手数料や、運用会社に支払う信託報酬というコストが発生するという点も、注意しましょう。

みずほ銀行のiDeCoに加入するメリット3選

条件次第で口座管理手数料が無料になる

みずほ銀行は特定の条件を満たせば、口座管理手数料を無料にすることができます。

みずほ銀行以外のメガバンクや地方銀行は、口座管理手数料を無料にできないことから考えると優れていると言えます。

口座管理手数料を無料にする方法は以下の条件AもしくはBのどちらかを満たす必要があります。

条件A:iDeCo残高または掛金累計額が50万円以上の方
条件B:つぎの3点すべてを満たす方
→掛金1万円(月額)以上
→iDeCo専用ウェブサイトにてメールアドレス登録
→「SMARTFOLIO」にて目標金額登録

ただし他の金融機関と同じく、みずほ銀行に支払う口座管理手数料は無料なのですが、国民年金基金連合会や事務委託先金融機関には手数料を支払う必要があり、別途167円が発生します。

みずほ銀行でiDeCoに加入することで発生する手数料は以下の通りです。
※カッコ内は、国民年金基金連合会や事務委託先金融機関に支払う手数料も含めた合計の手数料です。

⑴加入・移管手数料:0円(2,777円)
⑵口座管理手数料:0円(167円)※条件あり
⑶給付事務手数料:432円
⑷還付事務手数料:0円(1,461円)

ただし上記の条件を満たさない場合は、255円の手数料が発生するため注意しましょう。

ロボアドバイザーが自分の投資スタイルに合った商品を選択してくれる

みずほ銀行でiDeCoに加入すると、運用サポートロボアドバイザーの「SMARTFOLIO」を利用することが可能です。

これは、いくつかの質問に答えるだけで、自分の投資の考えや正確にあった投資先とその配分(ポートフォリオ)を提案してくれます。

さらに運用を開始した後も、運用の状況に応じて、メールで状況を知らせてくれます。

投資の経験がなく、自分でどの投資先を選べば良いか分からないという方に適したサポートツールです。

またSMARTFOLIOで目標金額を設定することは、口座管理手数料を無料にする条件にもなっているため、積極的に活用すると良いでしょう。

ネット証券にも見劣りしない信託報酬

みずほ銀行で選ぶことができる、投資商品は全部で15本です。

選ぶことができる商品は、ネット証券に負けずとも劣らない低コストの投資商品もあります。

特に国内株式と先進国債券は他社と比較しても、信託報酬は最安といって良いほど低い水準にあります。

信託報酬は、運用会社に支払うコストのため、0.1%でも低いもの選ぶことが望ましいですが、みずほ銀行でも信託報酬の低い商品を選ぶことができるため、メリットの1つといえます。

信託報酬を0.1%でも低いものを選んだ方が良い理由

信託報酬毎年発生するため、信託報酬を低く抑えることにより、月々のランニングコストを下げることができます。

たとえば預かり資産が、100万円だった場合、信託報酬が0.1%違うと、支払う手数料が1,000円の差となります。

iDeCoは、30年40年など長期にわたって掛金を拠出し、運用していくため、0.1%の差が大きな差となります。

このため出来る限り信託報酬は低いものが望ましいです。

みずほ銀行でiDeCoに加入するデメリット2選

ネット証券の低コスト商品には勝てない

みずほ銀行のiDeCoは、信託報酬の低い低コストの商品もラインナップされていますが、SBI証券や楽天証券と比べると見劣りしてしまいます。

確かに国内株式と先進国債券は、信託報酬がとても低いですが、一方で先進国株式などは他のネット証券と比べると信託報酬が高めに設定されています。

今後日本は少子高齢化が進んでいき、人口が減少していくことにより、日本経済は衰退し、円の価値も下がる可能性があると見ている人もいます。

そのため日本国内でなく、アメリカや欧米諸国などの先進国に投資することによって、安定的に運用成果を狙いたいというニーズから、先進国株式を選択する人がいます。

商品のラインナップが少ない

みずほ銀行のiDeCoの商品のラインナップは15種類のため、選択肢としてはあまり多くありません。

1番多いのがSBI証券の67本で、楽天証券が32本のため、みずほ銀行の取り扱いの本数はこれらの金融機関の半分以下です。

さらにみずほ銀行で選べる投資商品の15本のうち、6本がバランスファンドに偏っています。

また新興国については、株式と債券のどちらにも投資することができないため注意が必要です。

みずほ銀行でiDeCoに加入する時のおすすめ商品

DIAMDC国内株式インデックスファンド

この商品は、他の金融機関の取り扱い国内株式のインデックスファンドと比較しても、信託報酬がかなり低く設定されています。

信託報酬の額は、年0.1674%(税込)でマネックス証券の取り扱う国内株式インデックスファンドと並んで、最も信託報酬が少ない点が魅力的です。

投資先は日本の主要企業のため、トヨタ自動車やソニー、ソフトバンクグループなど、国内の企業に投資されます。

たわらノーロード先進国債券

この商品は先進国の債券に投資するため、国内の債券に投資するよりも、リスクとリターンが大きくなります。

債券は株式と比べてリスクが低い一方で、リターンも低くなりますが、先進国の債券に投資するため、ある程度のリスクがあり、リターンも期待できます。

信託報酬は、年0.1836%(税込)で他の金融機関の商品と比較しても低い水準にあります。

先進国に投資したいけど、ある程度リスクは抑えて債券に投資したいという方におすすめです。

たわらノーロードスマートグローバルバランス

この投資商品はバランス型ファンドといわれ、株式だけでなく、債券や不動産にもバランス良く投資するため、投資初心者でも手軽にリスク分散できます。

一般的に投資先の性格としては、

株式:ハイリスク・ハイリターン
不動産:ミドルリスク・ミドルリターン
債券:ローリスク・ローリターン

と言われています。

そして、たわらノーロードスマートグローバルバランスには「安定型」「安定成長型」「成長型」「積極型」の4つに分かれており、それぞれで株式・債券・不動産への投資の配分が異なります。

「安定型」→「安定成長型」→「成長型」→「積極型」の順番でリスクとリターンが高くなりるので、安定型が最も債券への投資比率が高く、左から右になるに従い、株式への投資比率が増えて行きます。

みずほ銀行では、バランスファンドを自分の投資の思考に合わせて選ぶことができますが、信託報酬が高めですので、注意が必要です。

みずほ銀行でiDeCoのシミュレーションができる

みずほ銀行の公式サイトでこちらのサイトからiDeCoのシミュレーションを行うことができます。

このシミュレーションのサイトは、みずほ銀行のサイトではなく、「日本インベスター・ソリューション・アンド・テクノロジー株式会社」が作成したサイトです。

このシミュレーションサイトでは、まず自分の職業を入力し、iDeCoで毎月拠出できる掛け金を調べます。

そして、年齢、年収、毎月の掛金、運用利率を入力し試算を行います。

実際に以下の条件で試算をしてみました。

・年齢:30歳
・年収:500万円
・毎月の掛け金:15,000円
・運用利率:3%

この条件で試算を行うと、以下の結果となりました。

・課税所得:2,330,000円(収入のうち、税金の計算対象となる金額)
・運用期間:30年(30歳→60歳)
・拠出時のメリット:1,080,000円(年間の節税額:36,000円×12ヶ月×30年)
・運用時のメリット(運用益の非課税):668,211円
・運用益:3,341,053円
・積立元金:5,400,000円
・合計:8,741,053円

シミュレーションの結果、iDeCoに加入することにより、30年間で1,080,000円の所得税と住民税の負担が軽減され、運用益に対しても、本来税金として支払う必要のある668,211円が免除となるという結果になりました。

みずほ銀行でiDeCoのシミュレーションは、拠出時のメリットと運用時のメリットがそれぞれ分かれて表示されるだけでなく、運用時のメリットもグラフで表示されいるため分かりやすいです。

みずほ銀行のiDeCoのサイトでシミュレーションを行う際の注意点

このサイトでシミュレーションを行う際は以下の点に注意する必要があります。

税金の計算が正確ではない

みずほ銀行でiDeCoのシミュレーションをすると、「課税所得は〇〇円で〜」という結果が表示されますが、これは正確な数値ではありません。

さらにこのシミュレーションサイトには、配偶者の有無や、扶養人数を選択する項目もないため、配偶者控除や扶養控除が全く加味されていないという点に注意しましょう。

手数料などのコスト面が考慮されていない

みずほ銀行でiDeCoのシミュレーションを行なった際も、コスト面が反映されていません。

iDeCoを運用してく上でのコストとは、毎月支払う口座管理手数料の167円(但し条件を満たさなかった場合は422円)や、運用会社に支払う信託報酬(掛け金の〇〇%)などです。

毎月発生するコストは年間にすると数千円、掛け金を支払う期間が30年間だとすると、数万円というとても大きな負担になるため注意しましょう。

しかし、このシミュレーションサイトは、口座管理手数料のみ計算することができます。

計算する方法は、少し分かりにくいのですが、①拠出額のメリットの項目に「手数料と比べてお得なの?」という項目があるため、クリックすると、毎月の口座管理手数料を入力できるようになります。

ここに金額を入力すると年間の手数料が計算できるようになる点は、他のシミュレーションサイトよりも優れていると言えます。

みずほ銀行のiDeCoはこんなひとにおすすめ

大手の銀行で安心してiDeCo加入したい

みずほ銀行はメガバンクの一つで銀行としても金融機関としても安心と信頼がある企業ですので、iDeCoは信頼のある金融機関で加入したいという方はみずほ銀行がおすすめです。

手続きは郵送やインターネットでもできますが、各都道府県に1つずつ店舗があるため、説明を受けることも可能です。

さらに、みずほ銀行でのiDeCoの口座を開いている人は100万人を突破しているため、みずほ銀行を信頼してiDeCoを初めている方がとても多いことを意味しています。

このことからも、iDeCoを行うのであれば、安心できる金融機関で行いたいという方におすすめです。

投資の経験が浅いためサポート受けながら進めていきたい

みずほ銀行のiDeCoは、サポート体制の充実しているため、投資の初心者の方でも安心して利用可能です。

特に運用サポートロボのSMARTFOLIOが便利で、いくつかの簡単な質問に答えるだけで投資の商品を選択してくれます。

投資を行う際は、国内株式、先進国株式、国内債券、先進国債券、不動産などに分散して、投資するのが望ましいですが、自分で投資の配分(ポートフォリオ)を考えるのはとても大変です。

そんな時に運用サポートロボを使えば、誰でも簡単にポートフォリオを作成できるようになります。

また、電話や店舗での相談も受け付けている点も初心者にとってはありがたい点です。

まとめ

みずほ銀行でiDeCoに加入すると、

・ネット銀行に負けないほど低コストで運用できる。
・運用サポートロボなどサポート体制が充実している

というメリットがある一方で、

・商品のラインナップが限られている
・信託報酬が高い商品も多い

というデメリットも存在します。

投資の初心者や経験が浅い人にとっては、みずほ銀行のiDeCoは良い選択肢となるでしょう。

しかし、自分でしっかり商品を選んで、積極的に運用していきたいという人は、少し物足りないかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です